--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/09 (Sat) 検査結果が出ました
手術を終えて4日目です。
何度も書きますが、傷がある事を除けば普段と変わりません。

家の中が徐々に散らかり始めましたよ~っ。
いつの間にかテーブルの下にソックスやヘアゴムがあったり
食いちぎられた紙くずが散乱したりしています(笑)

回復が早いので安心しきっていたのですが
今日の昼頃、動物病院から電話がありました。
先程、病理検査の結果が届いたそうです。


摘出した二つの腫瘍は両方とも良性だったのですが
その周りのごく一部に悪性細胞が混じっていたそうです。



非常に珍しいケースで、腫瘍を作らない悪性細胞ではないか・・・と。
(人間で言えば、白血病等がそれに当たります)

もちろん、前回の手術により悪い部分はキッチリ切除されているのですが
腫瘍を形成しないタイプの場合は、予後の診断が非常に難しいそうです。

他の部分に転移していても見分けが全くつかないので
悪性細胞が残っているかどうか判断出来ないらしいのです。
人間ならば血液検査をして腫瘍マーカーを調べるという方法をとりますが
ワンコの場合、まだ完全な腫瘍マーカー検査が出来ないのだとか。
検査はあるにはあるけど、診断結果が曖昧な場合があるとの事。


だったらどうしたら良いのか・・・?


先 生:右胸部を大きく切除して胸腺を全摘する方法があります。
アイス:そんな・・・。だって、まだ手術して4日目ですよ・・・。

先 生:今すぐとは言いませんが何ヶ月も先延ばしにする事は難しいと思います。
アイス:・・・・・・(もう声が出ませんでした)

先 生:今は気が動転されているでしょうから、明日診察にいらして下さい。
    その時、もう一度詳しくご説明いたしますね・・・。

アイス:はい・・・。わかりました。明日、必ず伺います・・・。

電話を切った後、しばらく放心状態になってしまいました。
でも、ボーッとしていても仕方がないのでインターネットで検索。
腫瘍を形成しないタイプの犬のガンなんて稀なケースは見つかりません。
・・・・・・が。小動物の腫瘍マーカーを検査してくれる会社を見つけました。
ペット医療・血液検査を手がけている「日本ペットライフ」です。
よく調べてみると、紹介先病院の中に現在通っている病院の名前が!
大急ぎで担当の先生に電話して詳細をたずねました。

先 生:その検査が先程話した検査で、当院でも始めてなんです。
    ですから、よくお調べしてからお伝えしようと思っていたんです。

アイス:あるにはあるけど完全でない検査って・・・この検査だったんですか・・・。

悪性細胞があるかどうか分らないけど、予防のために切除してはどうか?

先生はそう仰ったけど、そんな事って人間じゃあり得ないですよね。


乳腺の一部に悪性細胞が残っているかもしれないから
乳房を全部切除して病を防いだ方が良いと思います。



あなたが、このような事を信頼している医師から宣告されたとします。
「わかりました。全部切って下さい。」
そう答えられる女性が果たして何人いるでしょうか?

私なら・・・とても手術に踏み切る事は出来ません・・・。
例え開発されて間もない検査でも、それを受けてから考えます。

この検査は血液採取だけなので、検査をお願いしたいと思っています。
シニア犬のみかんにとっては、なるべく負担のかからない方が良いですし
乳腺全摘となればそれこそ入院しなければならない程大きな手術になります。

万が一、悪い結果が出てしまっても手術は避けてしまうかもしれません。
出来るだけ痛い思いはさせたくないですし体の負担を考えると耐え切れる保障もありません。
それならば、いっその事・・・穏やかに痛みを和らげてあげる治療を考えるかもしれません。

正直、私自身、まだ冷静に判断出来る状態ではありません(涙)

皆さんのワンコが同じ診断をされたらどうしますか?
同じ愛犬家として、ご意見をお聞かせ頂ければ有難いです。



もうこれ以上辛い思いをしなくて済む様に・・・
ポチッ☆と応援お願いいたします!
にほんブログ村 犬ブログへ
こちらにも参加しています。さて、今日は何位なのぉ~っ?
a_04.gif


スポンサーサイト

comment

非常に難しいですね。
アイスさんのお気持ちをお察しします。
私なら・・・って考えたんですけど、悪い所を全部とってもらう、手術を選ぶかもしれません。
みかんちゃんは、傷には強いことが分かってますし、シニアとはいえ、生命力の強いワンちゃんなので、手術しても耐えられるのではないでしょうか?
でも、こんな素人の私の意見よりも、信頼している主治医の意見の方が的確だと思うので、病院に行った時、もっと詳しく聞いてみてください。
そして、またブログで報告してくださいね。
手術以外の道が見つかるといいですね。
あんまり参考にならなくて、ごめんなさい。
でも、みかんちゃんのことは、心から元気になってほしいと願っています。
2006/09/09 23:13 | URL | プラム [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/09 23:15 | | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/09 23:26 | | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/10 00:54 | | [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/10 14:50 | | [ 編集 ]

↑ ここまで並ぶと怪しいぞ~~~www
ってな事を書いて、明るく明るく♪
みかん~~~分身の術使って、ここへ来い~~~
みかんの写真みたいよ~~アイスさん^^
2006/09/10 20:34 | URL | ゆう [ 編集 ]

◆コメントありがとうございます◆

>プラムさん
こんなに難しい質問に、丁寧に答えて下さってありがとうございます。
私も、外科的治療をした方が将来的に良いのではないかと
そちらの情報も必死に調べてみました。
そう、生命力が強くて痛みにも強いみかんならば
もしかしたら耐えられるかもしれないと思ったからです。

ただ、1度切るのと、立て続けに2度切るのでは
体に対する負担が何倍もかかってしまうのは
私が身を持って体験している事実でもあるんです。
それでも、悪い部分を取って元気で長生き出来るのなら
手術するのも一つの選択肢かもしれないとも考えてみました。
結局、一度手術しても再手術する可能性が大である事
これから二度手術に耐えられたとしても再発する可能性もある事などから
みかんは手術をしないで免疫力を高める治療をしようという事になりました。
今後も主治医としっかり話し合いながら、治療していこうと思います。
手術以外の道、あったのですが北海道内では無理でした・・・(涙)
それでも、まだまだあきらめません。みかんと一緒に頑張ります!
貴重なご意見、本当にありがとうございましたm(__)m

>ゆうさん
あははっ(爆) 確かに、怪しく見えますね(笑)
そうなんです。皆さん、とても丁寧な意見を長文で書いて下さったのです。
表示不可能だと判断されて、メールを下さった方もいらっしゃいます。
そうか。生霊を飛ばしてゆうさん家に行けば・・・治療できるかもっ!?
(霊体なら治療費も割引されるかもしれんっ?)
あーっ、写真すっかり忘れてたぁぁーーーっ!
今日はデカイの一枚入れといたからねっ☆
2006/09/10 22:21 | URL | アイス [ 編集 ]

ごめん。。。我が家の娘たちだったら・・・と考えて、、、未だ。。。
だからコメできず、、、
皆さん、長文でご意見されてるのね。。。
でも、みかんちゃんが早く元気になることを心から願ってるよ!!
2006/09/11 00:21 | URL | みく [ 編集 ]

>みくさん
いえいえ、こちらこそすみません。
こんな難しい質問をぶつけてしまって・・・m(__)m
この記事を更新した日は、
もう藁をもつかむ気持ちで泣きながら書いたので(^^;
そして、そこでやめておけば良いものを
泣きながら皆さんのブログへすがりに行っちゃったんです・・・。
かえって辛い思いをさせてしまって本当にすみません。
ご意見を下さったのは、実際に同じような立場にある方や
普段からこの病に対しての心構えが出来ている方、
あるいは身近に同じ病で辛い経験をされた人がいる方達でした。
ですから、みくさん、ゼンゼン気にしないで下さいっ(汗)
もし私が逆の立場ならやっぱり意見なんて出来ないかも(^^;

2006/09/11 20:59 | URL | アイス [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://mikannoitazura.blog23.fc2.com/tb.php/228-494fba52

看板犬みかんの本サイト入り口

  子犬・犬用品の愛犬情報局

わんこブログランキング

  応援ポチッとお願いします☆
  にほんブログ村 犬ブログ
  FC2 Blog Ranking
  人気blogランキング-犬

プロフィール

みかん

Author:みかん
ある日突然ショッピングサイトの看板犬をアイスから頼まれてしまったパピヨン・享年14才・女の子。バナーに貼りつく以外に出来る事はイタズラだけだった。
(営業ワンコの仕事はほぼ不可能・尚、現在サイトは閉鎖状態)
好きなものはササミとソックス盗み・・・だったが鶏アレルギーの疑いアリと診断され、10歳から過酷なササミ抜き・鶏抜き生活を送るハメに。ササミに変わる新アイテム「究極のウシ」が一番のお気に入りだったったが「ウシの食べすぎでウシアレルギーになったら大変!」という心配性のアイスのおかげ(?)で、シカやウマやカンガルー・ターキーアキレス等のNEWオヤツが増えて、嬉しすぎるオヤツ天国を満喫していた。
乳腺腫瘍手術3回の経験があり最後の手術時に乳腺ガン細胞が発見されたがキノコパワーの超スーパーごはんと持ち前の強い生命力でガン細胞は死滅し、再手術を行う事も再発ナシ(驚)

ラッキー

ラッキー:
みかんの恋人。おチビの頃にみかんに出会ってから、ずっとみかんだけを愛し続けている。おっとり・ノンビリしていて、とても優しく心の大きな男の子。心だけでなく体重も10kg以上ある超BIGシーズー。おデブではなく全体的にデカかったのだが、徐々にホンモノのおデブになり11kgを超えた時期もあった。みかんが天国にいってしまった後も浮気を一切せず、みかんと同じ14歳になった年の、これまた同じ3月に天国まで追いかけて今頃はまたラブラブなのか!?シリに敷かれているのか^^; 生涯みかん一筋に生きた(しかし結ばれる事はなかった)、愛情深いワンコでした。(ヒトに対してはドライなタイプだった・・・)

ラッキー

アイス:
ワンコ依存症歴約20年の主婦。脊髄腫瘍(良性)・自己免疫疾患というWのバクダンを抱えながらも同じく二つの病を持つみかんと一緒にダラケながら生きている。趣味はみかんとダレるコトとパン作り。PC歴10年以上。壊れたPCを目の前にすると修復する楽しみが出来たと嬉々としてPCを修理しながら雄叫びを上げるという。アレルギーワンコで乳腺腫瘍持ちの上にチビの大食いのみかんの為に、毎日手作りごはんを作り続け試行錯誤を繰り返して「パワーアップで病気撃退ゴハン」をついに完成させた。4種類のキノコパワーが効いていると信じている。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

◆メールはこちらからどうぞ◆

名前:
メール:
件名:
本文:

◆アナタの欲しいモノ?◆

ブログやるならFC2

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示

全タイトルを表示

過去ログ

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。